自転車好きのこそっとした話な

カスタム&メンテナンスとサイクリングのブログ

チューブレスタイヤのインプレッションがてら

f:id:denzo689:20200419160601j:plain

朝から天気も良く、遅咲きの桜でも探しに行こうかと軽い気持ちで出掛けてみた。

自転車はもちろんチューブレス化したCANYON Roadliteで。

平坦基調のCRでも流してみるつもりだったのだが...

 

f:id:denzo689:20200419161122j:plain

気が付けば栃木市は永野川の橋の上、春の色彩に浮かび上がる日光連山が綺麗だ。

地震に台風、ウィルスと次から次へと天災が押し寄せてくる世の中だが、

こうして繰り返されている自然を目にすると活力が湧いてくる。


f:id:denzo689:20200419162433j:plain

そして、坂道と言う重力に反した世界に吸い込まれて行くのであった...

f:id:denzo689:20200419163755j:plain
f:id:denzo689:20200419163143j:plain

だがしかし、今日の謙信平は過去に見た事が無いくらいの絶景が広がっていた!

水平線上に東京都心のビル群がハッキリと見える、スカイツリーもだ。

さらに、南西の奥には雲をかぶった富士山が白く輝いていた。

何十回と訪れているが初めての事である。

 

f:id:denzo689:20200419162945j:plain

ではここで、本題のチューブレスタイヤについて語ってみる事にしよう。

 

率直な感想を言うと、これはズルイのではと思うくらいハマったな。

グラベルタイヤが、今まで最高だと思っていたロードタイヤを超えてしまうとは。

しかも、乗り心地が非常にマイルドで心地良過ぎる。

物理的な重さもさる事ながら、エアーボリュームが相当に効いている感じだ。

こんなのを体感してしまったら、もはやクリンチャーには戻れないだろう。

また一つ、舐めてはいけない蜜を味わってしまったみたい...

 

ディスクブレーキのクロスバイクでもチューブレス化に対応したホイール

フロント100mm、リア135mm幅のQRスキュアーに対応可能

Fulcrum - Racing (レーシング) 5 ロードディスクホイールセット