自転車好きのこそっとした話な

フォトポタしたくて始めた自転車がいつの間にか...

ちょっと感動したフラットペダル、Dixna リブラペダルの紹介

初詣のおみくじで「美しい花を咲かせるには土台が必要です」との御告げ受け信じている自分がここにいます、自転車も足元から踏み固めてみようかなと。

今更、花すら咲くか分からない状態ですが...

denzo689.hatenablog.jp

結局のところ機能とデザインで悩みに悩んで、最終的に東京サンエス株式会社が販売しているシティーバイク向けのペダル、リブラペダルをポチっていました。

 

開封と装着

まず、手にした瞬間に感じたのが重っ!

ママチャリかロードバイクのペダルにしか触れた事がないので、この手のペダルが重く感じます。たった30gの重量差に敏感なのはロード乗りの性でしょうか。

東京サンエス(株)Dixna PEDAL リブラペダル ブラック

それと、フットプリントと呼ばれる踏み面が意外と大きく感じました。

リブラペダルとSPD-SLの大きさ比較

SPD-SLと比べると一周りほどしか大きくないのですが、中抜きされたデザインがそう思わせるのかもしれません。

CANYON Roadlite 6.0 に Dixna のリブラペダルを装着

装着すると本当に踏み面が上を向いて止まります、回転はスムースでSHIMANOのPD-R550と比べても非常に軽く回っている感じがします。

 

三本ローラーで試走してみると!

不思議なくらい足にペダルが馴染みます、ポジションも自動的と言うか母子球が一番良い位置にハマると言った感じで踏んでいて超楽しい。

立ち漕ぎしても自転車が縦ブレする事無く、ペダリングが非常に安定しています。

引き足も使えたりして、ビンディングシューズを履いているのかと錯覚してしまうくらい吸い付いてきます、ちょっと感動しました。

 

実走してみたら凄い実力!

ローラーだけでは物足りなくて古賀志山で実走してきました。もうね、素晴らしとしか言いようがありません。キャニオンのクロスバイクと相性も抜群です。

ロードバイク、ジャパンカップのコースでペダルのインプレッション

とにかく、スタート&ダッシュが楽しくなる!

何の意識もせずに足をペダルに載せれば勝手に靴底にペダルが吸い付いてくる感じで、全く下を見ずとも走り出せる。ロードバイク初心者にもこれはお奨めですね。

また、初めての三本ローラーでもこのペダルなら安全に漕ぎ出せるかと。

踏み応え感が半端じゃない!

SPD-SLペダルと比べても遜色ないくらい踏めます、ピンの具合もさる事ながら湾曲したペダル面が良い具合に靴底をホールドして全く力が逃げない感じが凄い。

さらに、不意にペダルから足が離れても天秤構造のおかげで踏み外す様な事がありません。くるぶしをペダルに擦って痛い思いをした事はありませんか?

 

感想

これだけ凄いのに、靴底が傷になる様子もなく安心して踏み込めるペダルでした。

通勤・通学での街乗りはもちろん、ビンディングペダルに抵抗のあるロードバイク乗りの方に是非とも試して欲しいと思うペダルです。

ペダルって、自転車への情熱が一番謙虚に観えるところだと思います。お洒落な自転車は乗り手もお洒落に見えますからね。

 

ロードバイクのクリート交換と延命対策

冬用のシューズに換えてからどうにもクリートがハマらなくなってしまい、スタートでイラッとしてしまう事もしばしば。信号待ちがたまらなく苦痛に感じます。

しかも、そんな時に限って毎回の様に信号に引っ掛かったりして。

随分とくたびれたクリートを未だに使いまわししているのが原因だと分かってはいるのだが、勿体ない様な気がしてしまいついつい...

使い古したSPD-SLのクリート

一応シマノさんのディーラーマニュアルDM-RAPD001を確認すると17ページでクリートの交換について以下の様に書かれています。

DM-RAPD001-01-JPN P17

やはり、カラーの減りが交換時期の目安になる様ですね。左足の内側は完全に消えてしまったので交換時期を過ぎていたのかもしれません。走行中に外れたりしたら危ないのでここら辺で交換する事に。

SM-SH12とクリートカバー

クリートカバーも勧められていたので今回はクリートと抱き合わせで購入、アマゾンで¥2,000-以上のお買い物をすると送料が無料になるパターンです。 

そもそも、今までにクリトーカバーを使った事が無いのに勿体ないとか言っている場合ではない。少しでもクリートを労わる気持ちがあるならば、サドルバックにそっと忍ばせておけと随分と前から言われていました...

クリートカバーを装着したところ

実際に装着すると爪先立ちで歩く感じがとても微妙な、ヒップアップの効果は抜群かもしれません。まぁ、これで延命出来るならモデル歩きもOK牧場?なんてな。

 

そして、今回のクリートは青にしてみました!

ダイレクト感が増すと言う噂に半信半疑での購入ですが、黄色の遊びが随分と大きく感じてきたのもありまして。

スペシャライズドのビンディングシューズにSM-SH12

とりあえずは夏用のシューズに新品の青を付けて、夏用に付いていた黄色を冬用に移植しています。遊びが少ない分膝への負担が気になるのでBody Geometryの効果を期待してスペシャライズドのシューズで試す事にしました。

寒いこの時期にガッチガチなのは怪我の元にもなりかねません。

それから、クリートの取り付けと言えば過去にやらかした事がある固定ボルトの脱落事件。ロードバイク初心者あるあるナンバーワンの様で、三本のボルトを均等なトルクで締めておかないとあっと言う間に緩みます。

クリート取り付けこそトルクレンチを使いましょう

自分は三本のボルトをアン・ドゥ・トロワの三拍子で少しづつ締めて、クリートがズレない様に位置を決め、ある程度バランよく締め付けたところでトルクレンチを5 - 6 N-mにセットして、同じくアン・ドゥ・トロワで少しづつ締めています。

クリートの取り付け、しっかりとトルク管理しておかないとペダルから外れなくなる事もあるらしいのでご注意を。

怖いですね〜

 

クロスバイクのペダル選び

昨年末は京都へ一人旅をしていたキャニオンのクロスバイク Roadlite 6.0 ALですが三週間も留守にしていたらペダルが消えてしまった。今はSPD-SLのビィンディングペダルにペダルプレートを付けて何とか乗っている状況です。

キャニオンのクロスバイク Roadlite 6.0 AL にSPD-SLペダル

しかし、ビィンディングシューズを履いている訳でもないのに毎回の漕ぎ出しでペダルキャッチしているのもいい加減面倒になってきた今日この頃。

この際だから安物のでもアリかなと思いつつ物色したりしていますが、いざポチろうとすると何だか安物買いの銭失いの様な気がして...

結局、未だに悩んでいます。

例えば、

お値段も¥4,702-(税込み)で送料無料となればかなり無難な線では。

しいて言えばクロスバイクには少々ゴツイ感じがしてしまう、これだとMTB向きの様な感じかな。

では、もうちょっとスポーティーなのを探してみるとこれかな。

Sサイズだと¥4,430-(税込み)+送料¥840-、クランクブラザーズでもこのお値段で手に入るのですね。素材が軽量化を追求したコンポジットらしいがクロスバイクならば十分ではないでしょうか。

ただ、ピンが強烈で靴底の痛みが気になるといった意見もあるので、そこのところはちょっと心配かな。

そして真打登場、安定のシマノならこれでしょう。

お値段¥6,463-(税込み)送料無料は初心者でビンディングデビューしていなければ間違いなくこれを選んでいると思います。SPDのシューズはお洒落なの多いし、フォトポタで使うならこれほど都合の良いペダルはありませんね。

自分の場合はSPD-SLのシューズが既に三足もあるので、今更ながらSPDシューズを買い足してまで使うのかと言うと考えてしまいますが...

そして、最後まで悩んでいたのがこれ。

DIXNA(ディズナ) リブラペダル ブラック ブラック

DIXNA(ディズナ) リブラペダル ブラック

  • メディア: スポーツ用品
 

片面フラットペダルが常に上になると言ったユニークな構造が売りのリブラペダル、街中のストップ&ゴーなどかなり楽そう。それに加えて母子球でしっかりと踏めそうな形に興味をそそられます。

問題は、お値段が¥7,474-(税込み)と少々お高いと言ったところでしょうか。

それでも、レビューなどを読んでいると悪い事は書かれていないので、心が揺れていたりして悩みますね。

 

さぁ、何れにしようかな。って、実は既にポチっていたのであった...