自転車好きのこそっとした話ですが

ロードバイクも始めた初心者ローディのつぶやきブログ

BVのフロアポンプレビューと金口交換した話し

台風の爪痕が報じられる毎日ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

被害に遭われた皆様へは心からお見舞い申し上げます

 

今回は、息子がスポークを折るほどパンパンにエアー入れてしまった事件で已む無く購入したBVのフロアポンプのレビューとその後の話しです。

denzo689.hatenablog.jp

ツインヘッドが売りのBVフロアーポンプ

ツインヘッドが売りのBVフロアポンプ

実際に使ってみたところヘッドの装着、取り外しでかなりのエアーが漏れてしまい結局はエアーゲージで最終調整をしなければ正確な圧にならない様だ、便利そうなヘッド形状だっただけにかなり残念である。

これをスボラな性格の息子に与えたところで今度はリム打ちパンクをされそうで危険極まりないと思う。

 

やはりヘッドは手持ちのPanaracerに変更する事にした。

 

Panaracer 自転車ポンプ専用金口 BFP-EZAF

Panaracer 自転車ポンプ専用金口 BFP-EZAF

このPanaracerの金口 BFP-EZAFはあくまでも補修用パーツなので他メーカのホースと接続するには別途ホースキットも購入しないと最終的には移植できないのが難点。

そこで、同じ形状でもブリヂストン製ならば一式揃って値段も大差ないので断然お徳だと後から気付いた。

 

青がフレンチで赤がアメリカン、押し込んでカラーがスライドしたらロック完了、取り外しは飛び出したカラーを押し込めばパチンと外れてくれる優れもの、指パッチンでイラッとした事がある方にはお勧めなアイテム。

 

結局ツインヘッドからワンタッチ金口へ交換してしまった

息子でも間違いなく扱える仕様になったフロアポンプ

ただし、この金口にも弱点はある。ヘッドを押し込んでロックするのでバルブにネジ止めの無いラテックス系のチューブには取り扱い注意とでも書いておこう。

かなり強く押し込まないとロックしないのでバルブの根元が傷みそうでちょっと怖い、実際に過去のパンク歴が全てバルブの根元だったので使うのを止めてしまったのが実情なのだが。

最も、ラテックスチューブの場合は経年劣化でバルブの根元が傷み易いので空気圧点検でトドメを刺してしまうのも逆にアリかもしれない、出先でパンクするより自宅の方が対応は断然楽だし。

 

なんて記事を書いていたら本当にトドメを刺してしまったwww

 

ロードバイクのスピードセンサーを替えてみた

自分は根っからのGARMIN派でロードバイクで使っているサイクルコンピュータはEdge130J、勿論センサー類もガーミン純正で心拍計はVivosmart HR+を使ってきた。

正直、Edge130Jは初期不良で一度交換をしてもらっている。ただ、この時の対応がガーミンらしい、正常品が先に送られてきたタイミングで黒猫さんが不良品を持ち帰ると言ったタイムラグの無い対応はまさに一流メーカーの証かと。

そんな、ガーミンでも一つだけ不満があった。そう、ANT+と言う通信規格。

通常ライドだと気にならないのだが、三本ローラーでZwiftを楽しむ為にMaciPadなど他のディバイスとの通信となると厄介な規格になってしまう。

仮にMacにドングルを挿してみてもANT+の不安定感では使い物にならないのが実情、やはりBluetoothの方が圧倒的に安定している。

 

そこで今回はiGPSPORTのSPD61スピードセンサーを購入してみた。 

 しかも、LixadaではAmazonプライムで¥2,098-と破格だった!

 

 ANT+とBluetoothの両方に対応したスピードセンサーは取り付けもガーミンの様にハブに巻き付けるタイプ、電池もCR2032と一般的なところが嬉しい。

 

iGPSPORT SPD61

iGPSPORT SPD61

LEDが無いので通信が確認出来ないなどのコメントがあったが自分の購入したモデルではちゃんとLEDが赤と緑に点滅して通信状態が確認できた。

 

肝心なGARMIN Edge130Jとの通信も瞬時に認識しANT+のナンバーとBluetoothのナンバーの二つが登録されるのでEdge130J側ではBluetoothの登録を削除しておく。

これは、Bluetoothが双方向通信なのでEdge130JにペアリングをしてしまうとMacでZwiftをするのに不具合が生じるかと考えたからだ。

路上ではANT+を使い、室内ではBluetoothを使おうと言う目論見。

 

と、ここまで記事を読んでいただくともう一つアイテムが必要なのではと気付くところ。 

そう、ケイデンスセンサーは購入しないのかよと。普通はペアで購入ですよね?

 

実は、ガーミンのケイデンスセンサーが不要になったのでスピードセンサーだけを入れ替える事にしたのであった...

 

晴天ライドを楽しみ過ぎたら股間が痛くなった話し

台風19号の通過が気になる宇都宮ですが今のところ雨足が強くなってきた程度、今後の情報に注意しながら台風の通過を待つ長い一日になりそうです。皆さんも十分にご注意ください。

 

では、暇つぶし程度の本題に。 

 

この秋一番かと思う様な晴天の空の下、とりあえず宇都宮市森林公園へ向かったのだが気持ちはまだ迷っていた。

 

下荒針の農道

下荒針の農道に着いたところで本日のコースを決めなければならない

ジャパン・カップの開催も近い事だし下見がてら古賀志山か、それとも奥に見える男体山を目指して鳴き虫山を登るか、それよりも蕎麦を目指して大芦川に向ってみるのが良いのではと...

 

大芦川フォレストビレッジ

大芦川フォレストビレッジ

結局は蕎麦を目指して小来川から名もなき峠を超えて大芦川に下ってしまった、食欲で行き先を決める休日ライドがここのところの定番の様な気がする。

 

季節料理せせらぎのとろろ蕎麦

季節料理せせらぎでとろろ蕎麦をいただく

大芦川沿いには結構な蕎麦屋さんが並んでいるのだが、とろろを扱うお店はここだけかと。毎度、同じ注文で申し訳ないと思いながらもライドの時はこれが一番なのだ。

 

でっ、何時もならばこのまま帰路につくところなのだが店を出たのが13時とは、まだまだ脚も残っている様なのでこのまま県道177号線を走ってみる事に。

 

県道177号線から見上げる新たなバイパス

いずれはダムの底に沈んでしまう県道177号線

南摩ダムで検索してもらうと分かり易いと思うのだが、この辺は現在道路の付け替え工事が絶賛稼働中の地域。いずれこの道も通行止めとなり上に見える道を走らされる事になるだろう。

 

と、物思いに耽る様に走っていたところ股間に強烈な痛みが!

 

実はこれまでの道中でも多少の違和感を感じていたのだが、走りに夢中になると感じなくなる程度だったので放置しておいたらヤッパシ駄目だったみたい。

山の中でレーパン下げてぶらぶらしてると完全に変態になってしまうのでトイレまでは我慢して確認してみるとどうやら股ずれの様だ orz

 

股ずれになる原因となったパットの縫製具合

股ずれの原因となったパットの縫製具合

初めて履いたタイツのパットを帰宅してから確認してみると縫製がいい加減で端の生地が浮いてる、これが地肌と擦れていたらそりゃ痛いはな。

 

今年はレーパンに散々悩まされた続きなのか、履き心地の良いパンツはパットの具合がよろしく無く、パットの具合が良いと履き心地が悪かったりして数枚は無駄にした記憶がある。

 

来週は宇都宮に期間限定で開店しているRaphaのポップアップストアにでも行ってみようかと思う今日この頃であった...