自転車好きのこそっとした話な

フォトポタしたくて始めた自転車がいつの間にか...

今更ながらキャットアイのライトを購入

相変わらず梅雨空が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

そんな中、今後の自転車活動に向けてライトのアップグレードをしてみる事に。

はい、今更ながらキャットアイのVOLT400を購入しました。

 

CATEYE VOLT400とオプションの取り付け部品

明るさで選ぶならVOLT800にしておけ、みたいな書き込みをよく見かけますが。

キャットアイ初心者としては、あえてVOLT400にしてみました。

正直、そんなに稼働率が高くないので...

 

それと、重量を軽く押さえたかったと言うのもある。

 

今までは道交法に基づいて形ばかりのライトを搭載していましたが、

100g程度だったのでライトの存在を意識した事がありません。

 

 

しかし、そんな形ばかりのライトでもいざとなると意外と十分な明るさがあり、

アップグレードをする必要性をあまり感じていなかったのも事実です。

 

では何故、今更なのかと言うと。

 

形ばかりのライトは持続時間が一時間ほど。

しかも、電池切の際はいきなり消灯してダンマリ、

マジでエマージェンシー的な使い方しか出来ません。

 

本体は300円程度ですからね...

 

それに比べてキャットアイのライトは電池が無くなると点滅モードになり、

いきなり真っ暗になる事は無いのだとか。

 

しかも、点滅になってからもかなりの持続時間があるらしい。

 

小額な投資ではありますが、安全を金で購入する事にしました...

 

 

そして、VOLT購入の際は是非これをやってみたかった!

 

自転車用ヘルメットにキャットアイのVOLT400

ブルベなどではお馴染みのヘルメットに自転車用のライトを搭載するスタイル。

もうね、VOLT400をここに付けろみたいなくらいピッタシとハマってw

実際に被ってみると視線に追従する光軸は非常に楽しいぞ!

 

これは、パンク修理やメカトラブルの際にもきっと役に立つはずだと、

固定用のベルクロを一枚、そっとツール缶の中に入れておいた。

これが、軽さを選んでおいた一番の理由です。

 

では最後に、各車両に搭載したイメージを掲載しておきましょう。

 

クロスバイクにキャットアイのライト 格好良い取り付け方

クロスバイクには5342440と言ったオプションパーツを使ってレトロ風に搭載。

想像していた以上のド・ストライクに決まってくれて感無量です。

もはや、この為に購入したと言っても過言では無い。

 

f:id:denzo689:20200709192147j:plain

ロードバイクには突き出したステーの下に吊り下げ。

やはり、ドロップハンドルにはこの位置が一番似合いますね。

CATEYEのライトをゴープロブラケットに装着するには544-5340で可能です。

 

CATEYEのライトはオプションパーツが豊富に揃っている点が最大のウリですね。

次は、VOLT400のカートリッジ式のバッテリーについて探究したい、

パワーソースとしての使い方が気になるところです。

 

ライトが充実するとナイトライドしたくなるものですね、

梅雨明けしたら早朝ライドしてみようかと思います。

 

以上、今更ながらキャットアイのライトを購入した話でした。

 

クロスバイクにカーボンハンドルとシートポスト

大雨により被害に遭われた皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

関東地方も本日は朝からの大雨、災害への意識を忘れずに。

 

では、本題に入ります。

 

今回は、嫁さんにCANYONのクロスバイクを乗っていただこうと言う企画を。 

 

突拍子もない計画はこうして始まる

そもそも、二人でポタリングに出掛けるとスピードレンジが全く合わない。

 

自転車乗りが夫婦でサイクリングに出掛けるとよくある話しの様ですが、

噂に違わず奥方様の超スローペースにはいい加減呆れてきた。

 

f:id:denzo689:20200707074701j:plain

それでも、最近はサドルを適切なポジションで乗れる様になったからまだマシな!

始まりは脚が付かないからと言って不細工な姿で漕いでいたのを思い出す。

そして、自慢げな一言「なんか速くなった気がする」だって。

 

そりゃそうだろう...

 

調子付いてきたついでにクロスバイクはいかがでしょうか、

初めて乗る本格的なスポーツバイクはさぞかし感動する事間違い無し。

そして、平均20km/hくいまでスピードレンジを上げてもらえると非常に有難い。

 

実は一度、勧めてみました

しかし、嫁さんにクロスバイクを跨がせるのはそう簡単では無い。

 

前傾姿勢に恐怖を感じる様で、低いハンドル位置が見た目でダメみたい。

とは言ってもミニベロのポジションと大して変わらないのだが...

 

そこで、ちょっとばかしポジションをアップ気味に見せる工夫を。 

すでにコラムカットしているのでライザーバーで偽装してみる事に、

せっかくなので安価なカーボン製を選んでみた。

 

次に、問題なのがトップチューブを跨げないと誤解している様だ。

 

実は、嫁さんと自分とでは身長差が5cmほどあるのだが、

恥ずかしながら同じジーパンを着回しできるくらい下半身のサイズが同じ...

 

つまり、自分が跨げれば嫁さんにも跨げるハズなのだが頑なに拒んでいる。

 

ここは、サドル位置を下げて安心感を植え付けたいところだが、

既に最下位のポジションなのでポストカットをしなければ収まらない。

しかし、純正ポストを切るのは忍びないので、こちらも安価なカーボン製を選択。

ぶっちゃけ、100mmもカットするのに正規品とかでは勿体ない、

お試し価格で気軽に扱える商品は非常に有難いと思う。

 

注文はAmazonなのだが

その実態は大陸からのマーケットプレイス、お届け予定日は6週間待ちだと!

 

f:id:denzo689:20200707182910j:plain

ところが、お届け予定日は8月2日だったのが、2週間も待たずに着弾してきた。

この手の商品は忘れた頃に届くのが常識なハズだと思っていたのだが、

最近の評価や口コミがセラーの質を高めている様だ👍

 

f:id:denzo689:20200708021223j:plain
f:id:denzo689:20200708021150j:plain

でっ、お約束の体重測定をした結果ハンドルバーが143gにシートポストが178g。

純正のハンドルバーが222gとシートポストが311gだったので、

カット前でもトータルで212gの軽量化とる。

 

f:id:denzo689:20200708082938j:plain

そして、シートポストのカットライン。

悲しいくらい切り落とす事に...

 

仕様変更の結果はいかに

サクッと交換して試乗に行ってきましたが、狙い通り快適になりました。

 

クロスバイクにカーボンハンドルとカーボンシートポストを導入

ライザーバーは雰囲気も良く、2cm程度のアップでも随分と視線が変わります。

さらに、上半身が軽くなったおかげでダンシングも気持ち軽やか。

強度的にも問題は無さそうなので、これで十分でしょう。

 

サドルは最下位でBBセンターから610mmまで下げられる様になりました。

ここまで下げると、両足で着地が出来るので恐怖感は払拭出来るはず。

そこから10mmづつ上げて、徐々に慣れてもらう作戦ですね。

 

最終的な問題は、どのタイミングで嫁さんに言い出すか。

だろうな...

 

鳴き出した油圧ディスクブレーキの対応策

久しぶりにクロスバイクに乗り出したら、

後輪のディスクブレーキがフォワ〜ンと恥ずかしいくらいに響いていた。

先日のタイヤの件と言い、先端技術とは放置プレーにめっちゃ弱いのだろうか?

 

まぁ、しばらく放置しただけで鳴き出したのなら、

しばらく乗れば鳴き止むのではないかと30kmほど走ってみましたが、

全く鳴き止みそうな気配は感じられず、ただただ気になって仕方がありません...

 

ロードバイク、クロスバイクのディスクブレーキクリーニング

そこで、問題のパッドをキャリパーから外してアルコールで掃除してみます。

もちろん、ローター側もふきふきして一応脱脂をしてみました。

がっ、結果は変わらず...

 

やはり、油分が原因ではなさそうですね。

チェーンの注油中、ローターにチェーンルブがかかっていたり、

知らぬ間にローターを触ってしまった、などと言う単純な問題ではなさそう。

 

ここで、しばらく放置されたレジンパッドを観察してみまると。

 

しばらく放置されたレジンパッド

って、既にパッドの一部が欠けているし!

表面もザラついていて新品とはまるで違った代物の様です。

しかし、パッドの厚みはまだ十分に残っているので交換するには勿体ない。

 

鳴き出したディスクブレーキのパッドを研ぎ出してみる

そこで、ダメ元と思い紙やすりの上で面研ぎしてみる事に。

もちろん、やり過ぎは危険なので軽〜くサラッとにしておきます。

結果、バッチシ音鳴りは止まったのですが、今度はブレーキが全く効きません!

 

新品の状態に初期化されてしまった様ですw

 

当たりが付けば直ぐに効く様にはなると思うのですが、

街乗りだと走行距離を重ねないとなかなか当たりが出ないのですね。

慣らしで10kmほど走ってみましたが、ヌルッとして止まらないから気持ちが悪い。

  

と言う事で、一発で当たりが出る儀式に行ってきました。

ダウンヒルで二回も焼き入れをすれば即効で当たりが付いてくれます、

最終的にはモータースポーツの様なブレーキタッチと感覚が戻ってきました。

 

いや〜、やっぱ油圧ディスクブレーキでのダウンヒルは楽しすぎる!

 

f:id:denzo689:20200703181049j:plain

ついでに、最近オープンしたばかりのなんちゃってオフロードコースも走ってみり!

一周100mも無い様なコースだがリアルに滑る感じがたまらなく面白い、

シクロクロス用のタイヤにしたらもっと楽しめそうな予感が...

 

以上、鳴き出した油圧ディスクブレーキの対応策でした。