自転車好きのこそっとした話な

カスタム&メンテナンスとサイクリングのブログ

160km、センチュリーライドに挑戦してみたい!

10月になり消費税も上がりしましたが、皆さんいかがお過ごしでしょう。

自転車ライフには絶好調な季節になってきましたが、最近はなんかこう目標と言うのか達成感と言うのか物足りなくてちょっと呆れ気味になっている今日この頃です。

 

鬼怒川CR

そこで、現状を打破してみようとソロでも出来るセンチュリーライドを計画しています。

 

そもそも、センチュリーライドとは?

自転車での長距離走行のイベントとしては、通常、100〜1200程度のものがある。160km(100マイル)を8時間以内で走破するイベントは、ホノルル・センチュリーライドに倣ってセンチュリーライド(またはセンチュリーラン)と呼ばれる 

Wikipediaより、国内で言うと「AACRアルプスあずみのセンチュリーライド」などが有名ですね、サイクリストと言うならば一度は参加してみたいイベント。

 

そう、健康な体だったら是非とも参加してみたいところ。精神的にも肉体的にも良い目標になると思います。

先日も山合いで出会ったCANYON乗りのお兄さんに「何か目標を持たないと持続しませんよ」と言われ、「来年は富士ヒルで会いましょう」なんて誘われましたが、今の体調では絶対無理な話しで...

 

直腸癌の後遺症持ちにとってイベントや公共の乗り物はプレッシャー以外の何に者でもありません、未だに自家用車ですら結構なストレスを感じているのが現状でロングドライブは遠慮したいところです。

 

結局、絶対的に安定感のある移動手段はやはり自転車が一番!

 

もしも、160kmを自転車で走りきれたらどれだけ自信になる事か。行動範囲が一気に拡大してそれこそ千葉に住んでいる娘ののところへも余裕で行ける訳ですから嫁にドヤ顔で「行ってくるぜ」とか言えたりして。

 

やっぱし、ソロでもセンチュリーライドは必須な目標だと思う。

 

ただ、これだけ自信満々の様な事を書いていますが実は不安だらけで、100kmとか120kmとか経験はしていますが初回はどれも脚が売り切れ御免みたいな感じで残り20〜30kmは騙しだましの様な走りで帰ってきています。

 

実際、初心者にとって平地は意外と危険かと。登りだと脚が勝手に判断してペースが遅くなったり時には休んだりして進みますが、平地は何も感じ無いまま進んでしまい最終的には脚が壊れていたりします(経験談)。

 

正直、160kmの壁は相当に厚いと自覚はしています。

 

そこで、今回用意したルートはこちら

www.strava.com

行きは軽くアップダウンありで帰りは極力平坦のみのルート、エイドポイント(コンビニ)も十分に点在しつつ最悪は輪行してでも帰ってこれそうなの考えてみました。

 

あっ、輪行はホント最悪の手段ですが...

 

では、また✋