クロスバイクのフロントシングル化は無理だけどこれなら如何だ

冬に向けてクロスバイクシクロクロスの真似事など始めてみた今日この頃ですが、久しぶりにMTBコースを走ってみたところギアが脚に合っていない様な。

 

そこでシクロクロスの競技車についてざっくりと調べてみたところフロントは40T前後のシングルでリアは11-32T辺りのスプロケが一般的なのだとか。

 

しかしながらフロントをシングル化するにはそれなりのパーツが必要となりリアディレーラーもスタビライザー機能付きに変えなければなりません。

 

安く見積もったとしてもお試し程度の金額では済まない現実が...

 

そこで思いついたのがインナーリングを39Tにしてみては如何なものかと。

 

確か在庫パーツの中に39Tのインナーリングがあった様な。

 

 ロードバイクを始めた当初は今と違って気楽にパーツを購入しては取っ替え引っ替え楽しんでいたものですが、こんなご時世となってしまってはもはや貴重品ですよ。

 

そんな中に無謀とも言える39Tがあったはずw

 

当時は52-39Tの組み合わせで激坂に行き瞬殺された記憶が、恐らく100kmも走らずにお蔵入りしてしまった自分にとっては幻の一品。

 

って、そもそもR7000のクランクセットにR8000のチェーンリングが使えるの?

 

なんて心配はよそに早速ですが交換してみたところ無加工でバッチシ取り付け完了!最悪はチェーンリングを加工してしまっても良いとは思っていたのですが...

 

ただ、室内で変速テストをしたところアウタートップからのフロントインナーへの変速はNGでした。

 

最もそんな使い方は想像つきませんが。

 

安全な使い方としてシクロクロスはインナーでグラベルロードはアウターみたいに割り切っておいた方が無難かもしれません。

 

それにしても50-39Tの組み合わせ良いですね〜

 

もうね、遠目に見たらアウターのシングルにしか見えませんよ👍

 

これで実際の走りは如何なのか、次回のろまんちっく村MTBコースが楽しみです。

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村