CANYONのクロスバイクでシクロクロスの真似事などを

栃木県宇都宮市道の駅うつのみやろまんちっく村MTBコース

こちらは国道293号線沿いにある道の駅うつのみやろまんちっく村に併設されているマウンテンバイクコース、栃木県マウンテンバイク協会が維持・管理している施設です。

 

宇都宮シクロクロスの会場となる所でもあるのでMTBに限らずシクロクロッサーの方にも馴染み深いのではないでしょうか。

 

AJOCCの発表によると今年は12月17日(土)、18日(日)の二日間開催される予定。

 

www.cyclocross.jp

 

本日はそんな由緒あるコースへとCANYONのクロスバイクを持ち込んで、今シーズンは本格的にシクロクロスの真似事などをしてみる。

 

ざっくりとしたコース紹介

国道293号線沿い道の駅うつのみやろまんちっく村MTBコース

スタート前、小屋にある同意書にサインをしていざコースイン。あっ、勿論ですがヘルメットやグローブなどの防具用品は忘れずに。

 

久しぶりのコースは木の根っこが露わになっていて一段と激しいコースになっている様な気がします。

 

ニ度目のチューブレス化に失敗していたPanaracerグラベルキングSKも無理やりですが再チューブレス化してきて正解でした。

 

クリンチャーだと試走の段階で終わっていたかも...

 

コースレイアウトも若干変更となっていて、一週目は迷いながら端折ったりもしてw

 

 

また、終盤の中級コースはかなり難易度が上っていた様に思えます。5本走って足付き無しでクリアー出来たのは1本だけ。

 

ラインをちょっとでも踏み外すとツマづく、いやらしいレイアウトに。

 

まぁ、そこが面白いところなのですがね (^^;

 

新しいフラットペダル

そうそう、今シーズンはこれの為に用意したフラットペダル、KCNCのACTIVATEを本格的に使ってみた感想もまとめておきます。

 

正直、装着して直ぐに近所のグラベルロードで軽くテストしてみたところ、いまいちピントせず。

 

と言うのも、これまでのリブラペダルが凹を踏む感じに対してACTIVATEは完全に凸を踏んでいる感覚がして。

 

だからと言ってピンの食い付きが悪いとかは無く如何な物かと。

 

だがしかし、本格的に走り込んでみるとこのペダルって異様なくらいに踏める!

 

これまでペダル軸なんて気にした事無かったけど、逆にそれを感じる事でどんな状況でもペダルを逃さずに踏み続けていられるなと、これまでには無い感覚が生まれました。

 

これが激しくなればなるほど頼もしくて。

 

結果、走行中にペダルを踏み外してしまう事は一度もありませんでした。

 

KCNCにしては偉く安い定価設定だったのでちょっと心配していましたが、実際に使ってみると素晴らしいペダルなんだと実感が湧きます。

 

耐久性も十分にありそうで大変満足。

 

 

本日のまとめ

いや〜、久しぶりに走る本格的なオフロードコースはワクワクしますね!ロードとは違いテクニック勝負になるので短時間でもメッチャ疲れますがw

 

今シーズンはチューブレスタイヤに本格的なフラットペダルと機材も充実して今まで以上に楽しく感じました。

 

この調子で今後も楽しんで行きたいと思います。

 

それでは、また✋

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村