自転車好きのこそっとした話な

カスタム&メンテナンスとサイクリングのブログ

携帯ポンプ LEZYNE POCKET DRIVE のポンピングテスト

先日、ワクチン休暇でお休みを頂いていた時の事ですが、噂通り二回目の接種となると関節がきしみ足腰も立たず朝からグッタリ...

 

夕方になると少し楽になったので自転車でも弄ろうかと。

 

とは言っても立っているだけで身悶えしてしまいそうなので細かい作業は到底無理そう、なのでWiggleから届いたばかりの携帯ポンプでポンピングテストをしてみる事に。

 

f:id:denzo689:20211021181203j:plain

あらためてLEZYNEのPOCKET DRIVEを確認してみると公称値79gに対して実測では76gと3gほど軽い数字となっている、因みに付属の専用ホルダーは11gだった。

 

何時もの馬鹿力が発揮出来ないのは逆に好都合かと、米国で開発された商品が一般的な日本人男性にどれだけ通用するのか試してみたいと思います。

 

対象は32CのグラベルキングSKにVittoriaのラテックスチューブのクリンチャーで。

 

もうね、ロードバイクを棚から下ろす気力もありません...

 

f:id:denzo689:20211021185943j:plain

と言う事で、非力ながら実際にポンピングをしてみたところ500回でほんのりとポンプが暖かくなり、押し込む抵抗が強くなってきました。

 

元気な時なら、あと100〜200回は入れられるところですが、今回は無理せずに。

 

でっ、空気圧を測定してみると4.0barピッタシ。

 

32Cのグラベルキング、自分は3.5barを基準値にしているので十分ですね。

 

そして後日、十分に体調が回復したところで25Cのロードバイクでも試してみました。

 

f:id:denzo689:20211024071303j:plain

4.0bar入っていたチューブレスレディータイヤで実験開始、100回のポンピングで1.0bar上昇して5.0barになりましたが、素手でのポンピングはこの辺りが限界の様でした。

 

そこで、サイクルグローブをして更に100回ポンピングすると6.0barまで上昇👍

自分の場合、素手だと5.0bar、グローブすれば6.0barと認識しておけば良いみたい。

 

ただし、実際に現場でこれを使う時はシーラントまみれになっているので、そこが問題ですね。

 

絶対に外れない口金と滑り止め加工のあるボディーに期待が持てます。

 

最も、携帯ポンプって三年で二回しか使った事ないけどね...

 

では、また✋