自転車好きのこそっとした話な

カスタム&メンテナンスとサイクリングのブログ

QR クイックリリース(クイックレリーズ)とスキュワーの違い

以前、Primeのホイールに付属してきたQRについて余り評判の良くない記事を書いてしまいましたが、そもそも使い方が間違っていたと言う事実を知ったので、訂正の意味も含め記事として紹介させていただきます。

 

 

では皆さん、クイックリリースとスキュワーの違いって知っていますか?

 

自分も全く知らず、Prime付属のクイックは使い物にならないと思い込んでいました。

 

ところが、代替えで使っていたビアンキ純正のクイックリリースがこんな事になってしまい、そろそろ買い替えかなと検討する羽目に。

 

f:id:denzo689:20210824172415j:plain

機能的には問題無いレベルですが、見た目が放置自転車の様で心理的に耐えられない...

 

そこで、交換するなら軽量な物にしてみようかと思い検索してみると。

 

 

KCNCのチタンシャフトがかなり軽量で優秀であるとの情報をキャッチした。

 

ところがこの商品、Amazonでレビューを拝見してみると?

 

「クランプしても強度が足りず...」とある。

 

でっ、KCNCのスキュワーについて更に深堀してみると。

 

実は、スキュワーはクイックリリースと違う、ちゃんとした使い方があると判明した。

 

その答えはズバリ、「クランプしてから回す」が正しい使い方の様だ!

 

一般的なクイックリリースは手のひらでレバーを押し倒して装着完了となるが、スキュワーは軽くクランプしてから時計回りにレバーを回す事でより頑丈に固定するとの事。

 

これって、握力に自信が無い方でもシッカリとした締め付けが可能になるとか。

 

でっ、KCNCのスキュワーを深堀していて気付いたのが...

 

f:id:denzo689:20210824175829j:plain

Primeの純正品って、もしかして一般的なクイックリリースではなくて、スキュワー?

 

ハイ、その通り!

 

WiggleでPrime BlackEditionを確認してみると商品内容の蘭に「Prime QR スキュワー」とあった。

 

f:id:denzo689:20210824180540j:plain

実際に試してみるとクランプしてから回す事で、ビアンキ純正のクイックレリーズよりも強固に装着された感が増し増しです。

 

前後共にブレーキシューを再調整するくらいセンターに違いが出たし!

 

試走して軽くもがいてみたところカチカチ感がハンパない...

 

さらに、同じスキュワーを使っているクロスバイクでも装着し直してみたらディスクブレーキが擦りまくってしまい、キャリパーから調整し直す羽目に。

 

ちゃんとした使い方を知って徳した気分が半分、間違った使い方をしていた過去に恐怖する思いが半分と言った複雑な心境です。

 

どんなに素晴らしい物でも、その使い方を間違っていたのでは話になりませんね。

 

自分の知識不足が原因だと深く反省して次へ繋げたいと思います。

 

そして、この記事が誰かのお役に立てれば幸いかと。

 

では、また✋