自転車好きのこそっとした話な

カスタム&メンテナンスとサイクリングのブログ

カーボンディープリムを履いて2,000km走った感想など

#roadbike #bianchi #intenso #prime #blackedition

 

そう言えば、昨年の10月にPrimeのカーボンディープリム、BlackEdition 50を購入してから2,000kmほど走っていた。

 

購入当初こそVittoriaのラテックスチューブでかなりトラブってみたものの、原因となりそうなリムテープを補修しブチルチューブにしてからは何の問題もなく過ごしている。

 

 

そもそも、リムブレーキ仕様のカーボンリムにラテックスチューブの組み合わせは、最初からNGだったのかもしれないが...

 

現在はコンチネンタルのGP5000にシュワルベの軽量ブチルで。

 

 

19Cの新エトルトにもマッチしている様で、非常に良い仕事をしてくれています。

  

また、アルミリムからカーボンリムに変えて一番驚いたブレーキシューの激減りも、一皮剥けてからと言うものは意外と落ち着いて未だPrime純正品のままだったりして。

 

肝心の効き具合も合変わらず、普通に止まってくれるし。

 

この調子だと3,000kmは走れそうな予感が...

 

とっとと用意しておいたシマノのブレーキシュー、暫くは使いそうに無い。

 

 

最後に、総合的な感想を述べると。

 

とにかく、身体が疲れない!の一言に尽きる。

 

乗り心地がマイルドなのもあるが、反応にバネがある様で非常に良い。

 

比べる相手がフルクラムのレーゼロなので特にそう感じるのかもしれないのだが...

 

そして、最も懸念していた横風の恐怖もさほど感じる事は無く、電車に乗っている程度の揺れとでも言っておくべきだろうか。

 

なにぶん、栃木の田舎道ではビル風の様な突風を受けた事が無いもので...

 

逆に、向かい風となれば本当に良く進む不思議なホイールだと感心してしまうのであった。

 

 

ぶちゃけ、ロードバイクにはこれまで結構な投資をしてきた訳だが、機材ドーピングと呼べる様な結果はこれに尽きる。

 

もはや、アルミのリムには二度と戻れないだろうな...

 

以上、カーボンディープリムを履いて2,000km走ってみた感想でした。