自転車好きのこそっとした話な

"denzo cycling"のリアルな日常

RaphaのFestive500が面白そうだが、年末に500kmも走れるのか?

Rapha Festive500 ブルベカード


12月に入り寒い日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

先日、Raphaから案内のあった#Festive500 が面白そうなのでとりあえず、Stravaから参加ボタンをポチッとエントリーしてみたのだが。

 

#Festive500 概要

Raphaは2010年から毎年、クリスマスイブから大晦日までの間に、500kmのライドに挑戦するチャレンジを行っています。イギリス南部で始まった#Festive500は、10年後には世界的なイベントへと成長し、その間みんなでライドした総距離は1億3千万kmに上ります。今や世界中のサイクリストたちの間で通過儀礼とも言えるイベントとなり、2020年には11年目を迎えました。ホリデーシーズンに本チャレンジに参加して、これまで以上に長い距離をライドしましょう。

 

実際問題、8日間で500km走るの想像してみると漫画の様で笑えてしまう。

 

いくら暇なおっさんだとしても、年末に全集中して自転車に乗れるのは4日程度。

 

作戦を立てるとなると、クローズドされたコースで合宿でもしながら1日125kmも走れば4日で500kmは達成出来るかもしれないな。

 

そう考えてみると、先月走ってきた霞ヶ浦が頭に浮かぶ。

 

せこい話だが、距離だけ考えて走るなら平坦基調のサイクリングロードなど非常に都合の良い環境ではないか。

 

こんな時だからこそ、安心・安全にライドを楽しめるコースを望んでしまうのだ。

 

そこで、宇都宮には最も有名なサイクリングコース”Japan Cup Cycle Road Race"の会場があるのではと言いたいところだが。

 

Japan Cup Cycle Road Race 古賀志林道はR3年2/19まで通行止

先日現地で確認してきたら、古賀志林道が令和3年2月19日まで全面通行止となっていて周回走行は無理な様...

 

レーニングも兼ねて1日9周程度なら何とか走れそうな気がしていたのに残念である。

 

天気の都合もあるので、近場で距離が稼げるコースがあればと思うのだが。

 

仮想で、一周25kmのこんなコースを考えてみたけれど。

 

 

あ〜これ、一人だと絶対に周回しないな...

 

やっぱし、ロングライドで距離稼せいだ方が絶対楽しそうだし。

 

天気と気分次第で行き先を決めるのが自分流、下手にプラン練るとろくな事が無い。

 

まぁ、最悪こんな手も有りだと認識しておく事にしよう。

 

ちなみに、今回の#Festive500はZwiftでの参加も歓迎している様だが、自分としては最後の手段としてとっておきたい、何せ25kmの縛りがあるからな...