自転車好きのこそっとした話な

フォトポタしたくて始めた自転車がいつの間にか...

今更ながらキャットアイのライトを購入

相変わらず梅雨空が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

そんな中、今後の自転車活動に向けてライトのアップグレードをしてみる事に。

はい、今更ながらキャットアイのVOLT400を購入しました。

 

CATEYE VOLT400とオプションの取り付け部品

明るさで選ぶならVOLT800にしておけ、みたいな書き込みをよく見かけますが。

キャットアイ初心者としては、あえてVOLT400にしてみました。

正直、そんなに稼働率が高くないので...

 

それと、重量を軽く押さえたかったと言うのもある。

 

今までは道交法に基づいて形ばかりのライトを搭載していましたが、

100g程度だったのでライトの存在を意識した事がありません。

 

 

しかし、そんな形ばかりのライトでもいざとなると意外と十分な明るさがあり、

アップグレードをする必要性をあまり感じていなかったのも事実です。

 

では何故、今更なのかと言うと。

 

形ばかりのライトは持続時間が一時間ほど。

しかも、電池切の際はいきなり消灯してダンマリ、

マジでエマージェンシー的な使い方しか出来ません。

 

本体は300円程度ですからね...

 

それに比べてキャットアイのライトは電池が無くなると点滅モードになり、

いきなり真っ暗になる事は無いのだとか。

 

しかも、点滅になってからもかなりの持続時間があるらしい。

 

小額な投資ではありますが、安全を金で購入する事にしました...

 

 

そして、VOLT購入の際は是非これをやってみたかった!

 

自転車用ヘルメットにキャットアイのVOLT400

ブルベなどではお馴染みのヘルメットに自転車用のライトを搭載するスタイル。

もうね、VOLT400をここに付けろみたいなくらいピッタシとハマってw

実際に被ってみると視線に追従する光軸は非常に楽しいぞ!

 

これは、パンク修理やメカトラブルの際にもきっと役に立つはずだと、

固定用のベルクロを一枚、そっとツール缶の中に入れておいた。

これが、軽さを選んでおいた一番の理由です。

 

では最後に、各車両に搭載したイメージを掲載しておきましょう。

 

クロスバイクにキャットアイのライト 格好良い取り付け方

クロスバイクには5342440と言ったオプションパーツを使ってレトロ風に搭載。

想像していた以上のド・ストライクに決まってくれて感無量です。

もはや、この為に購入したと言っても過言では無い。

 

f:id:denzo689:20200709192147j:plain

ロードバイクには突き出したステーの下に吊り下げ。

やはり、ドロップハンドルにはこの位置が一番似合いますね。

CATEYEのライトをゴープロブラケットに装着するには544-5340で可能です。

 

CATEYEのライトはオプションパーツが豊富に揃っている点が最大のウリですね。

次は、VOLT400のカートリッジ式のバッテリーについて探究したい、

パワーソースとしての使い方が気になるところです。

 

ライトが充実するとナイトライドしたくなるものですね、

梅雨明けしたら早朝ライドしてみようかと思います。

 

以上、今更ながらキャットアイのライトを購入した話でした。