自転車好きのこそっとした話な

カスタム&メンテナンスとサイクリングのブログ

クロスバイクのペダル選び

昨年末は京都へ一人旅をしていたキャニオンのクロスバイク Roadlite 6.0 ALですが三週間も留守にしていたらペダルが消えてしまった。今はSPD-SLのビィンディングペダルにペダルプレートを付けて何とか乗っている状況です。

キャニオンのクロスバイク Roadlite 6.0 AL にSPD-SLペダル

しかし、ビィンディングシューズを履いている訳でもないのに毎回の漕ぎ出しでペダルキャッチしているのもいい加減面倒になってきた今日この頃。

この際だから安物のでもアリかなと思いつつ物色したりしていますが、いざポチろうとすると何だか安物買いの銭失いの様な気がして...

結局、未だに悩んでいます。

例えば、

お値段も¥4,702-(税込み)で送料無料となればかなり無難な線では。

しいて言えばクロスバイクには少々ゴツイ感じがしてしまう、これだとMTB向きの様な感じかな。

では、もうちょっとスポーティーなのを探してみるとこれかな。

Sサイズだと¥4,430-(税込み)+送料¥840-、クランクブラザーズでもこのお値段で手に入るのですね。素材が軽量化を追求したコンポジットらしいがクロスバイクならば十分ではないでしょうか。

ただ、ピンが強烈で靴底の痛みが気になるといった意見もあるので、そこのところはちょっと心配かな。

そして真打登場、安定のシマノならこれでしょう。

お値段¥6,463-(税込み)送料無料は初心者でビンディングデビューしていなければ間違いなくこれを選んでいると思います。SPDのシューズはお洒落なの多いし、フォトポタで使うならこれほど都合の良いペダルはありませんね。

自分の場合はSPD-SLのシューズが既に三足もあるので、今更ながらSPDシューズを買い足してまで使うのかと言うと考えてしまいますが...

そして、最後まで悩んでいたのがこれ。

DIXNA(ディズナ) リブラペダル ブラック ブラック

DIXNA(ディズナ) リブラペダル ブラック

  • メディア: スポーツ用品
 

片面フラットペダルが常に上になると言ったユニークな構造が売りのリブラペダル、街中のストップ&ゴーなどかなり楽そう。それに加えて母子球でしっかりと踏めそうな形に興味をそそられます。

問題は、お値段が¥7,474-(税込み)と少々お高いと言ったところでしょうか。

それでも、レビューなどを読んでいると悪い事は書かれていないので、心が揺れていたりして悩みますね。

 

さぁ、何れにしようかな。って、実は既にポチっていたのであった...