自転車好きのこそっとした話な

フォトポタしたくて始めた自転車がいつの間にか...

この秋一番だった紅葉スポット - 桜川市の月山寺

随分と落ち葉が道を覆う様になり、そろそろ紅葉シーズンも終わりかなと感じる今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょう。

 

今年の秋は自転車を漕いで沢山写真を撮ってきました。そんな中、念願のミラーレスカメラで紅葉狩りも果たせて色々と勉強になったシーズンでもあります。

そこで、この秋一番だった紅葉スポットを振り返ってみる事に。

 

この庭に足を踏み入れた瞬間から京都の寺にでも立っているかの様な錯覚さえ感じてしまう一時。
 

まるでタイムスリップでもしたのかと思わせる空間に頭の中はジプシーキングスのインスピレーションがリピートしてしまい止まりません。

 

そう、ここは茨城県桜川市西小塙にある紅葉の名所「月山寺」であった。と言うのも実は紅葉目的で行ったのではなく、たまたま通りかかったところ紅葉があまりにも綺麗だったので暫し撮影をさせてもらった次第。

 

石段の上に建つ門は寺と言うよりか武家屋敷みたいな雰囲気で長谷川平蔵がお似合いかと、鬼平犯科帳世代にはたまりませんな。

 

県道257号線からの雰囲気はまさに代官屋敷の様で自動的に脚が止まってしまいました、茅葺屋根の長屋門なんて栃木でも滅多に見れませんから。

寺院の敷地さらに奥深く様々な見どころがあるらしいのだが、なにせ通りかかっただけで時間も無かったので今回は正門をくぐっただけでした。

 

ただ、この出会いをあえて記事にしなかったのには理由がありまして。

実は掲載の写真は全てiPhoneXSで撮影したものです。もちろん、α6000でも撮影はしたのですがMacで確認したところ全て惨敗の様で自分で蓋をしてしまいました。

惨敗の理由はあえて語りませんが、この日からミラーレスカメラと真面目に向き合う様になったのも事実です...

 

それにしても、この秋に撮影した紅葉の写真を見返してみるとやはり「月山寺」が一番。来年は時間をかけてゆっくりと撮影したい紅葉スポットですね。

 

では、また。